つつじが丘ハイツ北部屋の結露 プチ断熱工事 M様御依頼ありがとうございます。

先だっては、つつじが丘ハイツのM様宅へ伺いました。

こちらの、スタイロ断熱を積んで出発です。

 

M様は、こちらの北側個室の結露でお困りになられておりました 。

特に窓下の結露を心配なされておりました。

 

窓下をズームアップして見るとこんな感じです。

 

窓とサッシの結露具合は、こんな感じです

この時期に成ると毎日の日課が、窓拭きとサッシ拭きとの事で大変です。

 

二重サッシや、断熱改修など色々な手立ては有りますが

M様と御相談をして今回は、「プチ断熱対策工事」をさせていただく事になりました。

 

まずは、壁紙はがしをいたします

石膏ボードが湿気を吸ってこんな感じに弱ってます。

 

次の作業は、弱っているボードの剥がしをいたします。

既存の桟木を痛めない様に、やさしくそろーりと、です。

 

ボードの剥がしが終わるとこんな感じです

予想していたよりも、既設の桟木と断熱材が痛んでおりません、おりこうさんでした

ほっと一息です。

(桟木も断熱材もぼろぼろに痛んでいる御客様宅も、多々有ります)。

 

結露が多い窓下には、この様にスタイロホームを施工させていただきました。

 

窓下以外の部分は、薄断熱を施工させていただきました。

材料と材料の間は、こちらの気密テープをさせていただきました

これで、気密バッチリです

ついつい後に見えなくなる部分にこだわり施工をするヒカリ電機です。

 

断熱施工の後に、薄合板を貼って、プチ断熱の完成です。

 

合板は、こんな感じの仕上がりです

 

この後の壁紙仕上げは、いつもお願いをしている、I内装さんに来ていただきます。

私の出番は、ここまでです。

 

M様へ、I内装さんとまた伺います、よろしくお願いいたします

毎々各種御依頼ありがとうございます。

 

建設業許可 内装仕上げ業の ㈱ヒカリ電機  大金より。

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

外壁塗装のついでに雨樋の取替え工事。

本日は、雨樋の取替え事例を御紹介いたします。

外壁塗装工事中の、こちらの雨樋の交換工事です

まずは、塗装前に既設の樋を撤収いたします。

 

撤収して見ると 樋は、この様に割れておりました

大雪の滑る重みで割れてしまった様です

雨が降るたびに「ぼとぼと」で困ってました。

 

屋根塗装と外壁塗装を 一級塗装技能士のO君とKさんにおまかせして

樋交換工事は、私大金の担当です。

 

まずは、チョークラインを使用して、樋受けの墨だしを行います。

 

今回は、いつも通りの水平ではなくやや下り勾配にいたします。

 

樋受けの取りつけ中は、こんな感じです。

一つ一つ勾配を意識しながら、慎重に取り付けをいたします。

 

この様に雨樋受けの取り付けの完成です

間口約6メートルで、15個程取り付けました。

 

新雨樋を横から撮って見ました、こんな感じです

滑りの良い感じの樋君になりました。

 

集水口も取り替えて、樋交換の完成です

 

これで、雨の日の「ぼとぼと」から開放されました  めでたし、めでたしです。

 

「電気の事から住まいの事まで」の ㈱ヒカリ電機 大金より。

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

お家の壁にひび 補修の為足場設置。

本日は、マイ足場を積んで出動です。

 

こちらのマイ足場を朝一から積み込みです

少々積載オーバー気味かな、この位で約500キロくらいです。

 

現場に到着です

今回の足場工事は、建物の4面に施工する為、マイ足場では資材が足りません

地元のK君に足場施工を依頼しました

K君は、毎々こころ良く引き受けてくれます

 

当店で足りない分の足場を積んで来てくれました

K君へ、毎々の足場施工ありがとう。

 

K君のお弟子さんが、手際良く足場の組み立てをしてくれます。

 

はい、足場施工の完成です

この足場施工で、安全な作業が出来ます

K君の協力で、良い感じの足場に成りました

何事も、人と人との協力ですね!

 

隣家の皆様へ、しばし騒音や粉塵等ごめんなさい。

 

「電気の事から、住まいの事までの」 ㈱ヒカリ電機  大金より。

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

お家のモルタル壁がひびだらけ調査の為壁はがし。

本日は、モルタル壁のひび割れのレポートです。

まずは、モルタル壁にカッターを入れる為に墨だしをいたします。

 

続きまして、コンクリートサンダーでカット作業です

やさしくそろーりとサンダーを入れて行きます

 

あちらこちらにひびが入ってますので、「ギンギン、ガンガン」すると

壁がはがれ落ちて来る可能性があり大変危険な状態です。

 

ある程度剥がして見るとこの様に柱も傷んでおります。

 

もう少しはがして見ます。

手で簡単にはがれる程傷みが進んでおりますが

手で剥がすと大判ではがれてしまい危険な為、サンダーで細かくきざみながらの作業です。

 

多数の部分が、この様に建物からモルタル壁が浮いてしまっております。

 

今回は、この位はがしました

また後日もう少しはがします。

 

剥がしたモルタル壁をズームアップするとこの様な感じです

モルタルを支えるワイヤーラスと釘が、かなりさびております

おそらくですが、建物と壁の間に長い年数をかけてどこからか、雨水が差し込んでいる

と思われます。

 

早急に対策工事にとりかかります。

 

㈱ヒカリ電機  大金より。

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

住まいの外壁が剥がれ落ちた!現場調査です。

本日はお家の外壁が剥がれた現場の調査を御紹介いたします。

築年数が約25年の、木造モルタルの建物です

この様に、モルタル壁のあちらこちらにひびが入っております。

 

ズームアップして見ると、この様なひびです。

 

建物のかど部分は、この様な感じです。

 

風通しの悪いアンダーの部分は、すでにひびではなくモルタル壁が剥がれ落ちてます。

大変悩ましい状態です。

 

剥がれ落ちた土台の木部も、この様にいたみが進んでます。

 

早急に解決策を練らなければなりません

シロアリ駆除屋さん 左官屋さん 塗装屋さん 等々

御得意様の「困った」を「よかった」に「解決」させていただくのが

ヒカリ電機の仕事です 。

 

でも今回の工事は、大変な工事になりそうです

いつも以上に慎重に事を進めてまいります。

安心 安全 快適に なんとかしなくてはなりません!。

 

また宿題が増えてしまいました 仕事の宿題が日々山積です。

宿題って 終わりの無い物ですね!

 

毎日宿題で頭がいっぱいの ㈱ヒカリ電機  大金より。

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!