昨日は、母と長男と外装サイディング張りでした。

本日は、サイディングの施工レポートです

朝一に、工事の積み込みをいたします。

 

まずは、軽トラ君に準備をいたします、こんな感じです。

 

サイディングをカットする為のスライド押し切り。

切粉を吸い取る為の集塵器

これは、あまりお奨め出来ません、掃除機の方が良く吸います。

 

サイディングの留め付けのステン釘一式。

ステン釘を打つ為のエアー釘打ち器

リフォームの時良く使用しますが、これは便利です

一家に一台(ちょっと大げさ?(笑) )。

エアーコンプとサブタンク、これも便利です

コンプだけだと容量不足ですが、サブタンクと連結するといろいろ使えます。

 

早速工事のスタートです。

今回の工事は、材料のカットは、私の母と長男です

おばあちゃんと孫の名コンビです

歳の差があっても 呼吸が合ってます、がんばれ「ばーちゃん」がんばれ「長男」です。

 

(高校生の長男の良い実地訓練です、私も若い時はじいちゃんに連れられて実地訓練でした)。

 

私は、張り方に集中させてもらいました。

 

完成の様子は、こんな感じです

狭い場所の工事 なので大変でしたが、無事完成です。

サイディングのプチリフォーム現場のレポートでした。

これにてめでたしです。

 

この後、電気店の日々の仕事にもどります

いそがしぃーーー!。

 

貧乏暇なしの ㈱ヒカリ電機  大金より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

RC躯体にキッチンをキッチンと取り付ける為の「垂木留め編」

本日は、当店の施工方法の一部をご紹介いたします。

当店では、RC躯体に垂木等を留め付けする時は、こちらの編芯プラグを使用いたします。

躯体に45ミリから60ミリほど効きます。

 

ちまたで、エアーコンプでコンクリートネイルを打ち付ける業者さんを良くお見かけいたしますが、

エアーネイルは、実際にコンクリートに打ち込まれている部分は5ミリから10ミリ程度です。

強度不足?

システムキッチンの重量を5ミリか10ミリで支えるのは私くし的に、好きではありません。

ヒカリ電機は、その様な怪しい留め付けは推奨出来ません。

 

こちらの大事な道具君たちに活躍していただきます。

私くし大金愛用の大事な道具君達です。

 

左から、まず3.5ミリで下穴をあけて、次に5ミリで再穴あけをして

6ミリで穴明けの最終をして、8ミリで少しさぐりをします。

 

それから、留め付けの垂木を少しさぐって、いざ「留め付け」です。

 

これで、RC躯体への垂木の留め付けがばっちりです。

ヒカリ電機のこだわり施工です。

ヒカリ電機は、垂木の留め付けも大切な施工の一部だと思います。

 

のちに見えなく成る部分までこだわる ㈱ヒカリ電機  大金より。

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

軽トラ君が電気工事のスーパーカーに変身しました ハイツまつり仕様です。

本日は、昭島市つつじが丘ハイツまつりの電気工事です。

当店の軽トラ君が、「仕事のスーパーカー」に変身です。

後ろから見るとこんな感じです。

羽が生えて飛んで行きそうです。

 

斜め横からは、こんな感じです。

 

実際の工事の様子はこんな感じです。

高所作業に大変役にたちます。

この軽トラ君の変身で、安全な電気工事が出来ます。

建設業界で事故率が高いのが、高所からの転落事故です。

その様な事故の無い様に ヒカリ電機の会長がうるさいです。

 

本日は、軽トラ君のハイツまつり仕様のご紹介でした。

安全施工が、ヒカリ電機の願いです。

 

㈱ヒカリ電機 大金より。

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

「男のかくれ部屋」 で こんな物を 作って見ました。

本日は、久しぶりの休日が取れたので、私くしの「隠れ処」で、

タブレットスタンドを即席木工で、作って見ました。

ヒノキのタブレットスタンドです。

まずは、ヒノキ木材にサシガネを使ってケガキをいたします。

 

次は木材のカット作業です。

私くし愛用のスライド押し切りで、正確にカットいたします。

一家に一台スライド押し切りです、けっこう便利です。

私くしは、押し切りの二刀流が好きです。

 

はい タブレットスタンドのヒノキ木材のカットが出来ました。

 

はい、めでたく即席タブレットスタンドの完成です。

 

実際に置いて見るとこんな感じです。

左から、大金愛用のダイナブックタブ 次も大金愛用のアイポット 続いて嫁ちゃんのガラケー

そして次が長男のアイフォン 次が次男のアイポット 次が愛娘のキンドル

そして、そして最後がなつかしの「じゃかじゃーん 黒電話」 なつかしぃーーーーーーー!。

「黒電話」 思い出がたくさんつまっていて捨てるわけにはいきません。

通信手段の大先輩です、これを捨てたら 電電公舎とグラハムベルに叱られます、たぶんです。

 

うちの愛娘から一言   この黒い電話何?  どこからワイファイ出るの?

私くしから一言 この黒い電話は アイフォンの大先輩だよ。

ワイファイは出ないけど、なつかしくて 涙は出るよ、「父より愛娘へ」

今日は以上です。

㈱ヒカリ電機 大金より。

 

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!